Show more

ちなみに僕の今日のトゥートは、ベスフレの件と箕面丼の件、全く別々の件に関することなので、後から読む方はあらかじめご了承ください。

>mstdn.jpでの投稿は質が低いのが多いです。

ここは確かに否定できない。

けど、でもこれも果たしてJPの問題なのだろうかってのもある。そもそも分散型SNSでは、質の高い発言をすべきなんだろうか?

あと、FTLに流れてくるトゥートは、そのインスタンス内の誰かがフォローしてる人のトゥートなので(多分)、質の低いFTLを作ってるのは、自分のインスタンスにいる人たちなのではないかと。

【箕面どんからのお知らせ】
僕がmstdn.jp解散必要論者だということは、周知な事実だと思うのですが。
今回時間があってフォローを整理して気づきました。もうほとんどmstdn.jpの人は残っていないと。多くの人は去ってしまいました。

僕達はもう一度「分散型SNS」とは何なのか、思いを馳せるべきだと思います。
それは一時のブームではなく、今後の個人と個人が繋がっていく、ネットの新しい世界を提示していたんだと。

だから僕は決心しました。ユーザーも分散すべきだと。
19万アカウントもあるmstdn.jpは異常です。これではTwitterと変わりません。そのせいか、最近マストドンをあたかも自分が代表しているような人間も現れました。
誰も代表者もいなければ、全体を管理している人間もいません。それがMastodonの世界です。

しかも、mstdn.jpでの投稿は質が低いのが多いです。ここと繋がっていたら、普通の人をMastodonに誘うこともできません。

よって、箕面どんは早くとも5月末でmstdn.jpをドメインブロックする予定です。
必然な決断です。
よろしくお願いします。

「PHP使うんだったら型気にするな」が正解な気がしつつ、strict_types を使い続けてる。

PHP の strict_types、やっぱかなり微妙なんだけど、これはPHP 8 になったら改善されるのか、それともPHPを使ってる限りこんなもんなのか。

ベスフレだけが抱える問題ではないんだよな。

まあでも政治丼でもない限り、LTLで政治的発言するのは実際問題難しいよなーと思う。

ボカロ丼でも政治的発言で荒れることがたまにあるので「政治的発言を一切禁止にしたら?」というご意見を何度かいただいたけど、未だにそうはしてない。

そうしてない理由は、政治的発言自体が悪いわけではなかろうと思うからなんですよね。そうやって禁止事項を増やすと何も話せなくなる。

政治的発言によってLTLが荒れたとしても、それは政治的発言そのものが悪い訳ではなくて、政治的発言であろうとそうでなかろうと共通してる「何か」が荒れる原因であって、政治的発言のなかにその「何か」が含まれることが多いから荒れるんだろうと。

その「何か」をうまく取り除ければいいんだろうけど、それが何なのかまだはっきりとはわかってない。一つは「排他性」かなと思うけど他にもあるはず。

政治的発言とLTL文化の相性の悪さ、難しい問題だ。

【お知らせ】
こちらのインスタンス、サーバトラブルで一時止まっていました。近隣インスタンスの方にはご迷惑をおかけしました。

Go とか Rust とか使った仕事したいけど、そういう案件がうちに発生する可能性は激しく低いんだよな。

みんなどういう案件で使ってるのか。

まあ型を気にするならPHP使うな、って話なんだろうけれども。

「Interfaceには型宣言ないけど、実装側は型宣言できる」は欲しいな。実装で縛りを増やす方向なら副作用は特になさそうだし。

なんか「このディレクトリ配下はstrict」とか「このネームスペース内はstrict」みたいなのができれば楽かも。

PHPで、strict_types=1 で書いてみてるんだけど、これファイルごとに書かないといけないし、相変わらずvarでの型宣言はできないし、型宣言してない既存ライブラリを継承したりするときに実装側だけ型宣言するとかはできないので、中途半端だなー。

同じリレーサーバにたくさんのインスタンスが参加すれば、ハッシュタグ検索の検索範囲は広がる?

ニコフレがなくなることで、LTLチャット系インスタンスのマイノリティ化は避けられないな。

マストドンのハッシュタグを使いやすくするなら、ハッシュタグ検索で連合の遠いインスタンスからもうまく拾う仕組みが必要だなぁ。

あとはLTLインスタンスでも利用して貰うには、未収載のハッシュタグのもちゃんと拾う必要がある。

Show more
TOMOKI++WAKIMOTO 個人鯖

TOMOKI++の個人鯖です。お急ぎのご連絡はメイン鯖(ボカロ丼)のアカウント @tomoki@vocalodon.net にお願いします。